google-site-verification: googlea0015f96ae17924f.html

ほもる☆ばん

韓国人の無職夫と日本人の無職妻の韓国での超貧乏な日々の生活を綴ります。ちなみに日本永住希望!

パソコン腱鞘炎の救世主は音声入力!Googleドキュメントの音声入力方法とおすすめヘッドホンマイクを紹介

f:id:Yobongbong:20191024142246j:plain


こんにちは、腱鞘炎に悩むhomoruです。

 

仕事や趣味などパソコンを触ることが多い現代人。パソコンの使い過ぎなどによって腱鞘炎に悩まされている人は多いのではないでしょうか?

 

最近は腱鞘炎改善のために音声入力を取り入れてみました。

 

今回は、音声入力の方法や音声入力に便利なヘッドフォンマイクを使ってみた感想をレビューします。

 

尚、私がパソコン初心者故にそんなの知ってるよ!!って思われる方もいるでしょうが悪しからず。

 

パソコンの腱鞘炎が辛いなら音声入力を考えよう

 

f:id:Yobongbong:20191020010713j:plain

仕事や趣味でパソコンに触れている時間が長いという人は少なくないはず。

 

でも、無理をしてしまうと腱鞘炎になってしまいます。

 

腱鞘炎になると仕事や趣味だけでなく、日常生活にも影響を及ぼしてしまい、どうしても使い続ければならない場合は改善するどころか、悪化してしまう可能性もあります。

 

私も腱鞘炎でもう長期間手が痛いのですが、内職は辞められないので時間がかかってでも手で入力していました。

 

ある日夫に勧められて始めた音声入力。

 

 

パソコンも初心者のため音声入力という概念がありませんでしたが、使ってみると手を使う頻度や負担は若干減りました。

 

仕事量の多い人や、入力を多くしなければならない人など腱鞘炎のリスクがある人は、予防を含めて音声入力を取り入れることを提案します。

 

google chrome(グーグルクローム)⇒google document(グーグルドキュメント)の音声入力

 私は Web ライターの内職で Google ドキュメントを使用することが多いのですが、夫が教えてくれたのも Google Chrome を開いて Google ドキュメントを使う方法でした。

f:id:Yobongbong:20191020004528j:plain

 

  Google ドキュメントを開いたら、

 

ツール→音声入力

または

 Control + SHIFT + S

 

で Google ドキュメントにおいて音声入力の準備が整います。

 

パソコンの音声入力に便利なヘッドホンマイク

はじめは家にある夫が持っていたイヤホンについているマイクを使用していましたが、マイクがどこにあるかわからず、戸惑っていました。

 

そこで夫が購入してくれたのがbritzのヘッドホンマイクです。

韓国人夫によると、韓国ではパソコン周辺の音響設備はbritz製が人気のようです。韓国版ネットカフェPCバンでも多く使われているのだとか。夫のパソコンの音響設備もbritz製品です。

 

f:id:Yobongbong:20191020005315j:plain

 

オンライン上のサバゲー?などでもオンライン上でコミュニケーションをとる必要があるらしく、夫はヘッドホンマイクの機能は結構重視しているはずです。britzは安くて機能は良い方なのだとか。

 

でも見たところ、britz人気は韓国だけなのかも。britzでなくて良い製品はたくさんありますよ~。

 

f:id:Yobongbong:20191020005350j:plain

接続は普通にパソコンのマイクマークとイヤホンマークに合わせて挿します。

f:id:Yobongbong:20191020005435j:plain

音量調整はこれ

f:id:Yobongbong:20191020005355j:plain

パソコンの電源を入れると光ります


光っているので、初心者のくせにちょっと格好よく見えますよ。 

 

britz商品ではありませんが、似たような商品も口コミ良いです。

 

 

 音声入力以外にも使えるヘッドホンマイク

私の音声入力の他、韓国人夫がオンライン上のサバゲーでヘッドホンマイクを使います。オンライン上には他にもヘッドホンマイクを使うゲームがありますし、ゲーム好きの人にもおすすめです。

 

語学を学習する人もヘッドホンマイクがあると便利なはず!特にオンラインレッスン時に活用できますね。

 

britzのヘッドホンマイクや音声入力の使用感

私はイヤホン機能は使わないため、マイクのみの使用で実際にbritzのヘッドホンマイクを使っています。

 

音声入力で句読点は期待するな!?その他の文字入力についての正確性

音声を認識してくれるまでに時間がかかることがありますが、すんなり出来る時は早いです。すんなり入力できる時の正確性はかなり高いです。

 

漢字の変換や単語の聞き間違いをすることもたまにあります。

 

句読点は反応してくれません。結局はちょこちょこ手入力が必要になっています。

 

メリット

すんなり入力できる時の正確性はかなり高く、手を使う時間は減りました。音声入力の技術に感謝ですね。 

 

ヘッドホンマイクも結構離れた位置から話していますが、音声を拾ってくれています。

 

 

デメリット

ヘッドホンマイクを買ってもらっといてデメリットを言うのも申し訳ない気持ちもありますが、デメリットも感じています。

 

ヘッドホンマイクが重い

私はマイクだけの使用なので首に掛けて使用していますが、重いのですぐに肩こりを感じます。なので、たまに机の上にヘッドホンマイクを置いてマイク位置を調節して音声入力できるように姿勢を調整します。 

 

手入力の時より見直しに時間を割く

全体的には正しく音声入力ができているのですが、誤字や脱字は手入力の時より多いです。他の人や会社に迷惑をかけないような私文書なら良いのですが、特に内職の場合は気を使います。

 

ページを行ったり来たりした後ドキュメントに戻った時に音声入力のボタンを押す必要性

内職では調べものが多くたくさんのページを開いています。あっちのページを見たり、こっちのページを見たりして、  Google ドキュメントに戻ってきて、いざ入力しようとする時に、音声入力ボタンを再びをさなければなりません。結構面倒です。

 

音声入力やヘッドホンマイクのまとめ

 私は家での作業だから声を大にして音声入力できますが、会社や人が多い場所での音声入力はちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

 

でも、手の疲労を考えると音声入力はかなり使えるので、腱鞘炎に悩む人や長時間パソコンを使用する人は是非音声入力を使ってみてくださいね。

 

その際にヘッドホンマイクも検討してみてください。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

終わり☆