google-site-verification: googlea0015f96ae17924f.html

ほもる☆ばん

韓国人の無職夫と日本人の無職妻の韓国での超貧乏な日々の生活を綴ります。ちなみに日本永住希望!

紫外線徹底防御!抜け目ない日焼け対策グッズで肌を守れ!

f:id:Yobongbong:20190516002736p:plain

日傘が欠かせないhomoruです。

 

日焼けを徹底防御したい!

日常で使える良い日焼け対策グッズは何?

と悩んでいませんか?

 

韓国在住の私は、韓国のおばさんの徹底した日焼け対策が凄すぎて唖然としています。そこまでやるか?と思う程。

 

日焼け対策とは紫外線から肌を守ること!

 

韓国の人は十分すぎるくらい紫外線対策を頑張っています。

 

確かにきっちり紫外線対策をしているつもりでも意外に見逃している点があったりします。

 

 

今回は、意外と見逃されがちな身体の部位の日焼け対策グッズや韓国でよく見かける日焼け対策グッズをご紹介します。あなたの日焼け対策が万全かどうか確認してみるつもりで読み進めてみて下さい。

 

日本人的!基本的な日焼け対策グッズ

日本では大学生くらいの若い人も日焼け対策をしていますよね。

 

私は20代の頃にあまり気にしていなかったため、シミができた今、後悔ばかりです。

 

若い頃から油断せずに紫外線から肌を守る意識は大事です!

 

f:id:Yobongbong:20190516003237j:plain


出かける前の日焼け止め

日焼け止めは今では当たり前というくらいの必須アイテム。

 

私は散歩程度しか外を出歩かないのであまり強いのは必要ないですが、心配なのでSPF50、PA++++の強力タイプ使用しています。

 

韓国の日焼け止めは匂いが強くて頭が痛くなるので、肌ラボの基礎化粧品と共に日本から持ち込んでいるのがビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンスタイプです。

 

無職夫婦の私には最高のプチプラ日焼け止め!

まるでとろみのある化粧水をつけているかのような水っぽさ。 

 

伸びますし、塗った後のベたつきが無いので快適!白くならないので塗ったのがわからないくらいです。

 

日傘の持ち歩き

私の場合は日焼け止めを塗った上で日傘を常に持ち歩きます。顔に日光が当たっているだけで心配になるからです。

 

最近はまぁまぁ可愛いのもありますし、UVカット99パーセント以上の文言に惹かれます。

 

晴雨兼用だと突然の雨の時も便利です。

 

日焼けはUVカットの帽子で防ぐ

人が多い場合など日傘が迷惑な際は、UVカットの帽子が日焼け対策グッズとして役に立ちます。

 

 顔が隠れるくらいの「つば」の広い帽子です。

また、外出前に傘を持っていて手を離せないから困るという場面がないか想定します。

 

行く場所や目的に合わせて日傘かUVカットの帽子にするか選ぶと良いでしょう。

 

UVカットの長袖

5月にもなれば暑いですが、確実に日焼けを防ぎたいなら日焼け止めグッズとしてUVカットの長袖はあった方が良いでしょう。

 

意外と日焼け対策で見逃されがちな身体の部位と日焼け対策グッズ

日焼け止めを塗っていない場所に心当たりはありませんか?

 

塗れない部位もありますよね?

 

え、そんな場所は日焼け対策のしようがない?

いやいや、日焼け対策グッズ(紫外線防御グッズ)ありますよ!

 

f:id:Yobongbong:20190516003634j:plain

目から紫外線吸収

目からも紫外線が吸収されることを知っていますか?

 

裸眼の人は特に注意!

 

コンタクトレンズ

コンタクトレンズはUVカットになっています。

 

ただ、コンタクトレンズで覆いきれない部分は紫外線に晒されるのでサングラスがあった方が良いということにはなります。

 

私はサングラスは似合わないので用いませんが^^;

 

サングラス

サングラスを使っている人は多いですね。 

サングラスなら何でも良いというわけではありません。

 

見た目だけでなく、UVカット機能が施されたものを選びましょう。

 

唇の日焼けはUVカットのリップクリームで!

唇も手入れせずに日焼けが重なると、シミができます。

というか、できました。

 

唇もきちんと日焼け際策が必要です。

 

日焼け止め対策用リップクリームが販売されているので要チェックです!

 

日焼け対策グッズとしても役に立ち、メイク代わりに使えるリップクリームがおすすめ。

 

首の日焼け

首は隠れているようで隠れていません。

顔の日焼け対策はしっかりするのに、首はしない人も多いです。

 

地面からの紫外線の跳ね返りやビルからの反射で首も危険に晒されています。

 

首の日焼けは、顔と同じようにシワやシミに繋がります。顔は綺麗にしていても、意外に年齢は首に出てしまいます。

 

首の日焼け対策は怠らないようにしたいものです。

 

ストールやタオルマフラーなんかはお洒落に見えますし、自然で良いと思います。

 

韓国人が多く愛用!韓国人に学ぶ日焼け対策グッズ

韓国で仰々しく日焼け対策グッズを使っている人は年齢層が高い印象です。

日傘ですら、おばさんみたいと言われたことがあります。

おばさんと言われようと、周囲に変な目で見られようと日焼け対策は自分のためです。

 

私は韓国で散歩中によくすれ違う人の日焼け対策の徹底ぶりに驚いたのですが、日本でも美容意識の高い人は同じ日焼け対策グッズを使っているんですね。

 

サンバイザー

野外スポーツに行く時に使えそうなサンバイザー。

普段の散歩から使っている人もいます。

つばが広いので日焼け対策ができているという安心感もあります。

 

UVカットフェイスマスク(フェイスガード)

ちょっと仰々しくもあり、怪しく見えたりもするUVカットフェイスガード。

まさに私が「ここまでするか?!」と思った日焼け対策グッズです。

 

顔の半分以上がガポっと覆われてしまうので、顔のパーツや首などの紫外線対策グッズは不要になって便利です。

 

日焼け対策グッズを忘れた!もし日焼けしてしまった時の対処は!?

f:id:Yobongbong:20190516003330j:plain

旅行中などに日焼け対策グッズを忘れることもあるかもしれません。

 

もし日焼けしてしまった時の対処法は一応あります。

 

冷やす

氷水などでとにかく冷やします。

冷やした次は、メイクをしっかり落としてから化粧水や乳液で保湿。

刺激を与えてはいけません。

 

ビタミンCとビタミンEの摂取

ビタミンCはフルーツなどに含まれていますよね。

ビタミンEはナッツ類に含まれています。

食事から摂取できない場合は、サプリに頼ってみても良いかもしれませんね。

 

貧乏人の私はサプリの方が安くて良いです。

 

日焼け対策グッズは抜かりなく!しっかり日焼け対策を!

特に女性は日焼けを重ねてしまうと一生後悔しかねません。

冬であっても紫外線対策はするべきだと言われています。

また、今のままの日焼け対策には不備があるかもしれませんよ?

 

抜かりがないか自分の日焼け対策を見直しましょう。

 

外出する時は日焼け対策をしっかりできるよう、お気に入りの日焼け対策グッズを揃えておくことをおすすめします。

 

ここまで読んで下さって

ありがとうございます。

 

終わり☆