google-site-verification: googlea0015f96ae17924f.html

ほもる☆ばん

韓国人の無職夫と日本人の無職妻の韓国での超貧乏な日々の生活を綴ります。ちなみに日本永住希望!

イライラや不安を我慢しないで!PMSの症状に対処する方法

f:id:Yobongbong:20190420194233p:plain

生理前にイライラや不安など

精神不安定になって困っている女性はいませんか?

また、

奥さんや彼女の急な感情の不安定さに

戸惑っている男性もいるはずです。

 

こんにちは、homoruです。

 

最近すごく憂鬱になって気持ちが沈むので

夫に心配をかけることが多々ありました。

 

これは1ヶ月に1回あることなので

夫はもう察するようになりました。

以前はよく夫婦喧嘩に発展して

夫婦関係解消になるかと思った時もありました。

 

これはいわゆるPMSと呼ばれる生理に伴う症状です。

女性は気分屋ってことではないんですよ。

 

PMS症状に苦しむ女性も、見ている男性も辛いですよね?

 

今回は、PMSと呼ばれる生理に伴う症状やその対処法を紹介します。

PMSの症状を理解して、適切な対処法を実践し、

穏やかに生理を乗り越えられるようにしましょう!

 

夫婦や恋人関係に危機をもたらしかねないPMSとは?

f:id:Yobongbong:20190119181316j:plain

生理前に現れる症状はPMSと言われます。

PMSとは英語表記Premenstrual Syndromeの頭文字ですね。

女性には知られていますが、PMSは

生理がはじまる3~10日ぐらい前から起こる不快な症状で、身体的なものから精神的症状まで実にさまざまな症状が現れます。生理がはじまるとうそのように症状が消えてしまうのもPMSの特徴のひとつです。

ー引用:オムロン式美人

PMSとは何ですか? | オムロン式美人

 

女性によってPMSの症状は違いますし、

生理の時によっても違ったりします。

また、その時によって症状が重たかったり軽かったりもします。

 

PMSの症状とは?

PMSの症状には、身体的症状と精神的症状が挙げられます。

 

身体的症状

  • 胸が張る
  • 腰やお腹まわりに痛みを感じる
  • 眠気

などです。人によって症状は異なります。

 

精神的症状

  • イライラ
  • 不安
  • 憂鬱

 

などがあります。

私の場合、精神をやられることがほとんどです。

それもイライラ、憂鬱と不安のどちらかで

80%くらいの確率で後者の憂鬱や不安感に襲われます。

この症状はよく夫婦喧嘩を引き起こします。

  

我慢しないで!PMSの対処法

f:id:Yobongbong:20190119181255j:plain

家族や夫、彼氏に理解を求める

男性に生理の症状のことなんて

言いにくいと思っている女性もいるかもしれません。

でも、

勝手に機嫌が悪くなったり

急に憂鬱になって塞ぎ込む女性を見て

男性は戸惑うでしょう。

PMSのことを夫婦間や恋人間で共有し、理解してもらうべきです。

 

とにかく、

私、生理前で精神不安定なの!

と伝えましょうね。

 

PMSに効果があるとされる漢方薬やサプリの使用

 PMSに効くといわれる漢方薬やサプリを試してみるのも悪くありません。

私は韓国在住なので、高麗人参をよく勧められます。高麗人参については、

効果絶大!美容も健康も高麗人参(韓国名:ホンサム)で手に入れよう! - ほもる☆ばんまでどうぞ。

 

食事や睡眠に気を付け、運動を心掛ける

PMSに良い食事と紹介しているサイトもあります。

普段バランスの良い食事を心掛けている人は、

日常的に摂取している食材が多いはずです。

 

もし普段の食事のバランスが悪かったり、

睡眠不足だと感じている人はPMS症状を自覚した時に

気を付けましょう。

 

また、運動も効果的です。

激しくない運動で、気分転換ができるものが良いでしょう。

 

薬に頼ってみる

PMSを軽減するための薬も販売されています。

もし周囲の理解無く、苦しんでいるなら

市販のPMS改善を図る薬を薬局などで購入して試してみて下さい。

 

産婦人科に駆け込む

夫婦間や恋人間だけのPMS理解で十分でない時は病院に頼るのが確実です。

PMSは病気ではない?

いや、産婦人科では診てくれますよ。

迷っていないで相談しましょう。

 

PMSは毎月!対策をして症状を改善!

PMSの症状に振り回されて

夫婦や恋人関係が冷めてしまうのも悲しいものです。

 

我慢しなくていいのです。

 

できる対策から実践して、

社会生活も家庭での生活も普段と同じようにできるようにPMSの症状が和らぐと良いですね!

 

 

終わり☆